バイトブロック【医療関係】H29-9

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011857  更新日 2021年1月20日

印刷大きな文字で印刷

気管挿管中に適度な開口状態を維持するバイトブロックが患者に不快感を与えず、むしろ口腔ケアなどメリットがあるよう工夫

説明文

気管挿管中に使用されるバイトブロックは患者が気管挿管の不快感からバイトブロックを吐き出したり、挿管チューブを噛んで不穏となることがある。高齢者、重症者では挿管管理が長期化することもある。口腔ケアとなるような成分をバイトブロックから溶出させたり、キシリトールなど甘味を感じさせるようなバイトブロックを開発してほしい。患者のストレスを軽減できたり、鎮静剤使用量の軽減や誤嚥性肺炎防止などによりICU滞在日数を短縮することも期待できる。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。