静電気除去器具【医療関係】H29-18

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011862  更新日 2021年1月20日

印刷大きな文字で印刷

帯電したまま放射線検査装置等に触れると放電し、装置の障害の恐れがあるため、静電気を逃がしやすい白衣、検査着、寝台の開発

説明文

冬の時期になると静電気が発生しやすく、医療検査の現場では患者の着替えを手伝う時などで帯電することがある。静電気は埃を吸い寄せるばかりでなく、帯電したまま放射線検査装置等に触れると放電し、ノイズによる装置等の誤作動や障害の恐れもあるため、そのため、静電気の付着を防止でき、除去しやすい白衣、検査着、寝台を開発してほしい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。