歯科領域のレントゲン撮影に適した銀歯【医療関係】H29-20

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011866  更新日 2021年1月20日

印刷大きな文字で印刷

歯科のX線検査で被せもの(銀歯等)が障がいとなり歯の内部状況の判別は難しいため、X線検査に対応できる被せものの開発

説明文

痛みの原因となっている歯は特定できるが、レントゲン撮影において、被せもの(銀歯等)が障がいとなり、歯の内部状況の情報は皆無と言ってよい程得られない。歯の内部状況の判断は難しく、被せものを取らなければ痛みの原因が分からないといった現状である。 そのため、X線透過性の高い材質(高原子番号の素材など)を使用した被せ物を開発してほしい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。