チャイルドシート【医療関係】H30-7

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011889  更新日 2021年1月20日

印刷大きな文字で印刷

事故時の衝撃等車両データを病院等に送信する救急自動通報システム「D-Call Net」に対応したチャイルドシートの開発

説明文

2018年6月から救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)や、救急自動通報システム「D-Call Net」が全国で本格運用を開始した。車両から事故の衝撃データなどが消防指令センターや病院に送信される仕組みで、ドクターヘリやドクターカーの早期出動や傷病者へより早く治療介入ができることが期待されている。チャイルドシートの子どもに一層確実な対応を行っていくため、車両からのデータ送信と同時に、チャイルドシートに加わる衝撃データなどを送信できる機能が装備されたチャイルドシートを開発して欲しい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。