車の暖房機能を使った保温装置【医療関係】H30-9

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011891  更新日 2021年1月20日

印刷大きな文字で印刷

救急車、ドクターヘリでは使用電力、重量、電磁干渉の問題から簡易的な体温管理機材がなく、搬送時に使用できる保温機材の開発

説明文

救急車やヘリの搬送に使用できる、軽量で電源を使用する必要がない簡易的な体温管理機材がないため、搬送中の体温管理が課題となっている。救急車では使用可能な電力に制限があったり、ヘリでは機器の重量や電磁干渉の問題から更に制約が厳しくなる。そのため救急車やヘリの室内空調システムから保温ブランケットのような装置へ暖かい空気を供給するなど搬送中に使用できる保温機材を開発してほしい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。