ネーミングライツ制度

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006423  更新日 2020年7月6日

印刷大きな文字で印刷

 大府市では、公共施設に事業者の企業名、商品名などを冠した「愛称」を付与する代わりに、パートナーが命名権料(ネーミングライツ料)を市に納める「ネーミングライツ制度」を導入しています。

 ネーミングライツ制度とは、公共施設に事業者の企業名、商品名などを冠した「愛称」を付けられる代わりに、事業者が命名権料(ネーミングライツ料)を市に納めていただくものです。

 市民の皆様の大切な資産を活用することで得られた収入は、対象の公共施設に関連する事業の財源として有効に活用します。

募集状況

現在募集中のネーミングライツ対象施設

現在、募集施設はありません。

募集が終了したネーミングライツ対象施設

募集終了の施設
施設名 契約期間  ネーミングライツ料(年額) 愛称
大府市勤労文化会館 2018年5月1日から2028年3月31日  100万円 愛三文化会館
共和人道橋(共和駅南側) 2019年11月1日から2029年10月31日 20万円 HASSIN BRIDGE
大府市民体育館 2018年10月1日から2028年9月30日 100万円 メディアス体育館おおぶ
大東小学校前歩道橋 2019年5月1日から2023年3月31日 20万円 住友重機械大東小前歩道橋
大府市防災学習センター

2020年9月1日から2030年8月31日

60万円 DAIWA防災学習センター
北山小学校前歩道橋 2020年9月1日から2030年8月31日 20万円 DAIWA北山小歩道橋

各種規程

 以下は、ネーミングライツ制度に関する留意点や応募方法に関する資料です。

 ネーミングライツへ応募される方は、はじめに必ずお読みください。

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 財政課
電話:0562-45-6252
ファクス:0562-47-7320
企画政策部 財政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。