大府市少年少女発明クラブ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009936  更新日 2019年4月10日

印刷大きな文字で印刷

大府市少年少女発明クラブとは

 大府市、公益社団法人発明協会、一般社団法人愛知県発明協会の主催として、昭和60年8月県下で3番目の発明クラブとしてスタートしました。協賛企業各社および地域の幅広い分野の自主参加のボランティアの方から協力を得て活動しています。活動拠点は、大府市子どもステーション内「どんぐり創房」です。

概要

  1. 活動日 
    • ジュニア  :月2回(日曜日)午前9時30分から11時30分
    • 基礎  :月2から3回(土曜日)午前9時30分から11時30分
    • 上級  :月2から3回(土曜日)午後1時から3時30分
  2. 対象
    • ジュニア :市内在住の小学1,2年生
    • 基礎  :市内在住の小学3から5年生
    • 上級  :市内在住の小学4年生から中学生

 

活動の紹介 

 子どもたちに創造活動の機会と場所を提供して、その中で科学するこころの芽を育て、創造力豊かな人間を育成し、自分の力でモノを作りあげていく喜びを体得させることを目的として、大府市少年少女発明クラブは、昭和60年8月1日に全国で75番目、愛知県では刈谷、豊田につぎ3番目の発明クラブとして誕生しました。当クラブの特色は、地域のはば広い分野の自主参加のボランティアにより、企画運営されていることです。

 子どもたちは、入部当初工作道具の使い方が分からず戸惑っていますが、すぐに取り扱いをマスターしていきます。この活動の中で、今までに数々のすばらしい作品が生まれました。また、見栄えが悪くても、そこには子どもの工夫と苦労、そして何よりも成長の証が見えます。

 このことを大切にし、次代を担う子どもたちの知恵と創造力が大きく育つよう指導員は真剣に対応して、温かく見守ってゆくとともに、地域の人々に支えられながら、一歩一歩確実に歩んでいこうと考えています。

クラブ員心得

 クラブ員であることに自覚と誇りを持ち他の模範となるようにつとめる。

 常に科学に親しみ創造性を養うようにつとめる。

 何事にも全力をあげ、やり通すようにつとめる。

 明朗快活にして、規律正しくする。

 たがいに協力し、明るいクラブづくりにつとめる。

このページに関するお問い合わせ

子どもステーション
電話:0562-44-4541
ファクス:0562-48-7450
子どもステーションへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。