請願・陳情方法

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006331  更新日 2018年10月30日

印刷大きな文字で印刷

請願(陳情)書様式(例) 

これは一般的な様式であり、要件を満たしていれば本様式にとらわれずに受領します。

請願(陳情)書様式(例) 

注意事項

  1.  請願書には、その内容に賛意を表する議員(紹介議員)の署名、押印が必要です。
  2.  紹介議員は1人でも構いませんが、できれば2人以上でお願いします。
  3.  議長及び副議長、並びに請願書を審査する所管委員会の正副委員長は、紹介議員になれません。
  4.  陳情書に紹介議員は不要です。
  5.  請願(陳情)書には、請願(陳情)者の住所・氏名の記載、押印が必要です。
  6.  請願(陳情)者が多数の時は、代表者が提出者となり、他の人は署名者として請願(陳情)書の末尾又は別紙に住所・氏名を記載し押印してください。
  7.  請願(陳情)の内容が2つ以上の委員会にまたがる場合は、できる限り委員会別に内容を分けて提出してください。
  8.  訂正箇所には、必ず請願(陳情)者の訂正印を押印してください。
  9.  用紙はできる限りA4版で提出してください。
  10. 袋とじの場合は袋とじの部分に、袋とじでない場合は1枚ごとに、請願(陳情)者が契印してください。ただし、別紙とした署名者の署名分は除きます。
  11. 定例会は年4回(3月・6月・9月・12月)開催されますので、請願(陳情)書は、各定例会前に行われる議会運営委員会の翌々日(通常は本会議初日の10日前くらい)までに提出してください。
  12. 詳細については、議会事務局(電話0562-45-6251)まで問い合わせてください。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 議事課
電話:0562-45-6251
ファクス:0562-47-5030
議会事務局 議事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。