公民館の利用について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014734  更新日 2020年9月18日

印刷大きな文字で印刷

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、公民館は一定の制限やルールを設けて、貸館を実施しています。ルールを守り行動することが感染予防や感染拡大防止に繋がります。皆さんのご理解とご協力をお願いします。詳しくは、ご利用になる公民館へお問い合わせください。

施設を利用する際のルール

  1. 利用前は体温測定や健康チェックを行い、発熱や風邪の症状がある場合は来館しないようにしましょう。
  2. 同居家族に発熱や風邪症状がある場合や感染が疑われる場合は来館しないようにしましょう。
  3. マスクを必ず着用しましょう。また、大声を出すことは飛沫感染リスクを高めるので禁止です。なお、熱中症を予防するため、運動中のマスク着用は任意としますが、休憩中もマスクは必ず着用しましょう。
  4. 活動前後だけでなく、こまめに手洗いを徹底しましょう。手洗いがウイルス対策では一番重要です。
  5. 裸足で活動しないようにしましょう。また、床に触れることを避け、床に触れた場合は必ず手洗い、手指消毒を行いましょう。
  6. 人と人との間隔はできるだけ2メートル以上(最低1メートル)空け、真正面での活動を避けましょう。
  7. 2方向の窓又は扉を開けて活動しましょう。開放ができない場合は1時間1回、5分以上は換気しましょう。
  8. 自分たちが触れた場所、ものは公民館が用意した消毒液で消毒しましょう。
  9. 代表者は名簿を作成し、どの日に誰が公民館を利用したか記録しましょう。
  10. 活動の参加は個人の意思を尊重しましょう。参加の強制や不参加による誹謗中傷は絶対にしないようにしましょう。
  11. 熱中症を予防するため、こまめな水分補給をしましょう。自分が飲むものは自分で必ず用意しましょう。
  12. スマートフォンをお持ちの方は、厚生労働省が開発した新型コロナウイルス接触アプリ(COCOA)のインストールにご協力ください。

利用制限

3密(密閉・密集・密接)を避け、感染拡大を防止するため、次の施設や活動は利用制限を実施しています。

  1. 利用制限施設
    (1)料理室
    (2)給湯室
    (3)図書室(選書による図書の貸出及び返却、学習室としての利用を除く)
    (4)ロビー等(熱中症防止のための『ひと涼みスポット』として滞留する場合は20分以内でお願いします)
  2. 利用人数制限
    使用する施設の定員の半数以下で活動してください。
    フィジカルディスタンスの確保のため、定員の半数以下での使用をお願いする場合があります。
  3. 活動の制限
    (1)飲食を伴う活動
    (2)感染拡大の危険性がある活動等

利用できる活動(令和2年10月1日現在)

地域活動
自治区、コミュニティ推進協議会など
文化活動
写真、パソコン、俳句、短歌、マジック、囲碁、将棋など
演奏
弦楽器、ピアノ、大正琴、和太鼓など
スポーツ
体操、ヨガ、ダンス、民踊、卓球、スポーツ吹矢、フロッカー、ボッチャなど

施設を利用する際のルールに加えて利用許可の条件がある活動

文化活動
合唱、詩吟、民謡、カラオケ、麻雀など
演奏
吹奏楽器(ハーモニカ、オカリナなど)
スポーツ
社交ダンス、スクエアダンス、空手、少林寺拳法など

活動の種別ごとに利用許可の条件があります。条件の詳細は、活動を行う公民館にお問い合わせください。

利用できない活動(令和2年10月1日現在)

文化活動
茶道、料理など

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 協働推進生涯学習課
電話:0562-45-6215
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 協働推進生涯学習課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。