災害時における感染症対策

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014413  更新日 2020年5月28日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス等の感染症への備えについて

新型コロナウイルス等の感染症が蔓延する状況で災害が発生した場合でも、感染症対策に万全を期すことが重要となります。

災害時には断水により手指の流水洗浄ができない可能性もあること、また、避難所等では密集した環境下となり、新型コロナウイルス等の感染症が拡大するリスクが高まります。
新型コロナウイルス等の感染症が終息する前に地震、風水害が起きたらどうなるのか、平時の事前準備及び災害時の対応を考えておきましょう。

「避難」とは「難」を「避」けることであり、自宅での安全確保が可能な人は、感染リスクを負ってまで避難所に行く必要はありません。

水害への備えとして、自宅周辺の浸水や土砂災害の危険性を確認してください。地震対策として、自宅の耐震補強、家具固定の徹底、食料品等の必要な物の他、自分にとって「ないと困る物」を備蓄していただきますようお願いします。

避難先は市が開設をする避難所だけではありません。自宅が危険な場合は、早めに安全な親戚・知人宅に避難することも考えておきましょう。

自分と家族を守るため、大府市防災ガイドブックを完成させて、災害に備えましょう。

避難所に避難する場合の注意点

自宅で用意している災害用備蓄品(水、食料、毛布等)に加え、マスクや体温計、消毒液などの感染症対策品をお持ちください。

1.咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底してください。

2.こまめに手洗いを行ってください。

3.避難所では職員による体調等の聞き取りや体温測定にご協力をお願いします。

4.定期的に換気をしますので、寒さに敏感な方は上着等もご用意ください。

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 危機管理課
電話:0562-45-6320
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。