脳脊髄液減少症に関する情報

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004693  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

 「脳脊髄液減少症」とは、頭部などへの強い外傷により脳脊髄液が漏れ続け、頭痛、頚部痛、めまいなどの様々な症状を引き起こす病気といわれていますが、現時点では診断基準や治療方法が確立されていません。
 平成19年に国に研究班が設置され、現在、研究が行われております。
 愛知県では、県内の病院のご協力を得て「脳脊髄液減少症」の診療等に関する調査を行い、診療が可能な病院の一覧を公表しています。詳しくは、脳脊髄液減少症について/愛知県のホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康文化部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康文化部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。