株式会社矢場とんからバッティングゲージの寄付

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023397  更新日 2022年5月12日

印刷大きな文字で印刷

藤下理恵子常務取締役(左)と片貝義明矢場とんブースターズ総監督(右)と岡村市長(中)

寄付いただいたバッティングゲージ

 株式会社矢場とん(名古屋市中区大須)から、大府市民球場の設備拡充のためバッティングゲージ2基の寄付を受けました。

 株式会社矢場とんは、クラブチーム「矢場とんブースターズ」を擁し、元中日ドラゴンズ選手の片貝義明総監督を始め、コーチ・選手全員が株式会社矢場とんの社員で、仕事の合間を縫って練習に励んでおり、クラブチームを対象にした日本最高峰の大会である、全日本クラブ野球選手権大会(日本野球連盟主催)に、東海地区代表として3度出場しています。2022年からは、練習場所として大府市民球場を利用していただいており、このたび、球場利用者が安全に練習に取り組めるようにバッティングゲージをご寄付いただきました。

 誠にありがとうございました。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 秘書人事課
電話:0562-45-6211
ファクス:0562-47-3070 
企画政策部 秘書人事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。