ふるさとおおぶ応援寄附金(ふるさと納税)

ページ番号1003708  更新日 2018年12月11日

印刷大きな文字で印刷

ふるさと納税の概要と申込方法のページです。

ふるさとおおぶ応援寄附金(ふるさと納税)とは

 「ふるさと納税」は、自治体に寄附をすることで、その寄附額の一定限度額が個人住民税及び所得税から控除される制度です。この制度を活用して、ふるさとへの思い、応援したい自治体への気持ちをカタチにすることができます。

 大府市では『健康都市』を基本理念として、誰もが「住んでみたい、住んで良かった、住み続けたい」と思うまちづくりを進めています。大府市を応援したいと思う皆様の気持ちに応えるべく「ふるさとおおぶ応援寄附金」として、これからのまちづくりに活用させていただきます。

※返礼品は市外在住の個人の方のみお送りさせていただいております。

寄附の使途をお選びください(寄附金メニュー)

 この寄附金は、寄附をしていただける方々一人ひとりのご希望を大府市のまちづくり事業に活かせるよう、次の8つから選ぶことができます。

  1. 文化振興事業・・・市民文化の振興を図るための取組み 
  2. 緑化推進事業・・・緑を守り育て、緑あふれるまちづくりを推進するための取組み
  3. 国際交流事業・・・国際交流の振興を図るための取組み
  4. 協働のまちづくり推進事業・・・協働のまちづくりを推進するための取組み
  5. 福祉・子育て推進事業・・・福祉、子育てに関する事業を推進するための取組み
  6. 教育推進事業・・・教育に関する事業を推進するための取組み
  7. 健康・スポーツ推進事業・・・健康・スポーツに関する事業を推進するための取組み
  8. 市長におまかせ・・市長が必要と認めた事業に充当(充当先は大府市におまかせ)

寄附をお寄せいただくには(手続きの流れ)

(1)寄附申込・納付

 インターネットによる申込み

 次のインターネットサイトから寄附の申込みができます。手数料はかかりません。

  • 「ふるさとチョイス」
  • 「楽天ふるさと納税」
  • 「Wowma!ふるさと納税」

※「ふるさとチョイス」の場合は、ポイントを貯めて、好きな時に自由に使える、便利なポイント制もご利用いただけます。「この自治体のポイントを取得する」から寄附をいただいた方は、寄附金額に応じてポイントを付与させていただきます(ポイント有効期限は2年間)。

 「ふるさとおおぶ応援寄附金申込書」から申込み

インターネットからの申込み以外に、申込書による申込みもできます。

ただし、納付方法は、払込取扱票(ゆうちょ銀行専用)のみです。

【 JTBふるぽ(ふるさと納税)コールセンター 電話:0570-666-532 】 へご連絡いただきますと、後日、株式会社JTBから申込書と払込取扱票(ゆうちょ銀行専用)を郵送させていただきます。

※ 郵送までに2週間程度かかりますので、お急ぎの方は、上記インターネットサイトのクレジットカード決済によりお手続きいただきますようお願いいたします。

(2)税務申告

 ワンストップ特例制度について

 ふるさと納税による寄附金控除を受ける場合には確定申告を行う必要がありますが、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内の場合で確定申告を行わない場合に限り、ふるさと納税(寄附)をする際に各ふるさと納税先の自治体に特例の申請をすることにより、所得税の軽減相当額を含め、個人住民税からまとめて税の軽減を受けることができる制度です。

ふるさと納税ワンストップ特例制度のイメージ図

 制度の対象者

 ふるさと納税ワンストップ特例制度の対象となる方は、次の条件をすべて満たす方に限ります。

  1. ふるさと納税の寄附金控除を受ける目的以外で所得税や住民税の申告を行う予定が無い方
    確定申告を行わなければならない自営業者等の方や、給与所得者の方でも医療費控除等で確定申告を行う方などは対象となりません。ワンストップ特例の申請をしても、確定申告等をされた場合は特例を受けられなくなります。なお、確定申告をする場合は、ワンストップ特例の申請をした寄附金も合わせて申告する必要があります。
  2. その年(1月から12月まで)にふるさと納税をされる自治体の数が5団体以内であると見込まれる方
    5団体以内に寄附をする予定でワンストップ特例の申請をしていても、結果として6団体以上に寄附をした場合、特例の申請をしたすべての寄附について特例を受けられなくなりますので、確定申告をする必要があります。なお、同じ自治体に複数回寄附をしても1団体としてカウントされます。 
 手続きの方法

 「寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)」をご記入の上、該当年の翌年1月10日までに(返送期日)、大府市企画政策部財政課へ送付してください。(郵送料はご負担ください)

 個人番号制度(マイナンバー制度)の導入により、平成28年から申請には個人番号の記入が必須となりました。それに伴い、個人番号の番号確認と本人確認のための書類の提出も必須となりましたので、申請書と併せてご提出ください。

個人番号の番号確認と本人確認のための書類
 パターン 番号確認書類   本人確認書類
 1.個人番号カード 個人番号カードの裏面のコピー 個人番号カードの表面コピー
 2.通知カード 通知カードのコピー

運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書のうち、いずれかのコピー

(困難な場合は、国民健康保険の被保険者証と年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証のうち、2つ以上の書類のコピー)

3.個人番号が記載された住民票

個人番号が記載された住民票のコピー 同上

※ ワンストップ特例申請書を郵送で提出いただきますと、当市からお住いの自治体(区役所、市役所、町・村役場)に通知します。それにより、お住まいの自治体の税務担当部署が税額控除の計算を行います。

 提出期限は、該当年の翌年1月10日までです。必ず期限内に大府市企画政策部財政課に到着するようにお願いします。

 申請書の一番下についている「受付書」は、順次郵送いたします(再発行は致しません)。

※ 寄附をした後(ワンストップ特例申請書を提出した後)、氏名や住所変更などがあった場合は、寄附をした翌年の1月10日までに、大府市企画政策部財政課に「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」を提出する必要があります。

寄附金税額控除に係る申告特例申請書、事項変更届出書

寄附金控除の控除額の計算方法等

  • 控除額の計算方法、納税額(年間上限)の目安は、以下のリンク先を参考にしてください。
  • 確定申告の手続きについては、以下のリンク先を参考にしてください。

税額控除等に関するお問い合わせ先 総務部 税務課 電話:0562-45-6217

以下の点にご留意ください

  1. 本業務を実施するにあたり、大府市では株式会社JTBに業務委託しております。寄附受付にあたり、寄附者様のご住所、お名前、寄附金額、メールアドレス、電話番号等を株式会社JTBと共有するとともに、寄附金額受領証明書等は株式会社JTBから送付させていただきますので、ご了承ください。また、返礼品は、協力事業者から直接お送りさせていただきますので、併せてご了承ください。
  2. ふるさと納税は、大府市を応援していただける気持ちをカタチにしていただく制度であり、寄附を強要するものではありません。ふるさと納税の募集をかたっての寄附の強要や詐欺行為には十分にご注意ください。大府市から現金自動預払機(ATM)による振込みをお願いすることは一切ありません。

    寄附の申込みをしていないにも関わらず、お心当たりのない納付書が送付されたり、払込みについて不安に思うことなどがございましたら、大府市企画政策部財政課までお問い合わせください。

 

お問い合わせ先

大府市のふるさと納税業務を委託しております株式会社JTBのふるさと納税専用コールセンターです。

【お問い合わせ先(業務委託先)】

  JTBふるぽ(ふるさと納税)コールセンター

  電話:0570-666-532

  営業時間 午前10時から午後5時まで(年末年始(1月1日から1月3日)は休み)

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 財政課
電話:0562-45-6252
ファクス:0562-47-7320
企画政策部 財政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。