ウェルネスバレー基本計画

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009809  更新日 2019年3月30日

印刷大きな文字で印刷

ウェルネスバレー基本計画とは

 ウェルネスバレーとは、「あいち健康の森」とその周辺エリアのことを指します。この区域には、国立長寿医療研究センターやあいち健康プラザをはじめ、健康・医療・福祉に関する施設が多数立地しており、健康長寿分野において全国でも有数の集積地となっています。
 大府市と東浦町では、この地域に健康長寿に関する一大拠点を創るための検討を進め、平成20年度に具体的な施策や土地利用の方針をとりまとめ、ウェルネスバレー基本計画書を作成し、平成29年度には現状に見合ったゾーニングの見直しを行いました。

「ウェルネスバレー」の由来

 「ウェルネス」とは、人々が今よりも積極的で創造的かつ高度な心身の健康状態を獲得して、それを維持発展させていこうとする生活活動全体を意味する健康概念です。
 「ウェルネスバレー」は、この「ウェルネス」の概念を様々な角度から、サポートしたり提案したり、あるいは情報発信するソフト、ハードを包含した地域の意味で、アメリカのシリコンバレーになぞって命名したものです。

ウェルネスバレーの土地利用計画

新ゾーニング図

  • 医療福祉ゾーン 約10ヘクタール
    周辺の研究機関・施設との共同研究・実証事業が展開され、ゾーンの付加価値が高まる土地利用を目指します。
  • 健康交流ゾーン 約39ヘクタール
    民間企業等による事業展開を誘発し、優良農地の有効利用を目指します。
  • 健康産業ゾーン 約122ヘクタール
    健康長寿に関する先端技術産業、医療・介護用ロボットや福祉用具分野の健康長寿産業の関連企業等を中心とした企業立地を推進し、産業系土地利用を目指します。

ウェルネスバレー周辺の都市基盤整備計画

  • 都市計画道路 大府東浦線
  • 都市計画道路 養父森岡線
  • 半月川河川改修
  • 武豊大府自転車道整備

土地利用計画ゾーニングの変更

平成29年度に現状に見合ったゾーニングの見直しを行いました。

詳細は以下のページをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 健康都市推進局 ウェルネスバレー推進課
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
企画政策部 健康都市推進局 ウェルネスバレー推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。