2.平成の大合併の評価

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002546  更新日 2018年11月5日

印刷大きな文字で印刷

市町村合併は地域の将来を見据えて行われるものであり、その本来の効果が現れるまでには、10年程度の期間が必要であると考えられています。したがって、現時点においては、短期的な影響の分析に止まらざるを得ませんが、多くの合併市町村において、合併の評価は大きく分かれています。合併による主な効果及び問題点は以下のとおりです。

合併による主な効果

  1. 専門職員の配置など住民サービス提供体制の充実強化
  2. 少子高齢化への対応
  3. 広域的なまちづくり
  4. 適正な職員の配置や公共施設の統廃合など行財政の効率化

合併による主な問題点・課題

  1. 周辺部の旧市町村の活力喪失
  2. 住民の声が届きにくくなっている
  3. 住民サービスの低下
  4. 旧市町村地域の伝統・文化、歴史的な地名などの喪失

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 企画広報課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-47-7320
企画政策部 企画広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。