日本脳炎予防接種の特例措置について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004736  更新日 2020年3月19日

印刷大きな文字で印刷

日本脳炎予防接種の特例措置について

日本脳炎の予防接種は、平成17年度から平成21年度にかけて積極的な接種勧奨が差し控えられていました。接種の機会を逃された可能性のある方に対して、特例措置による定期の予防接種(無料)が受けられます。
母子健康手帳で日本脳炎の接種状況をご確認いただき、接種が完了されていない場合は、接種を済ませましょう。

特例対象者

  1. 平成7年4月2日生まれから平成19年4月1日生まれの方
    20歳未満の間に日本脳炎の第1期(1回目、2回目追加)と第2期の未接種分を公費で接種できます。
  2. 平成19年4月2日生まれから平成21年10月1日生まれの方
    9歳以上13歳未満の間に日本脳炎の第1期(1回目・2回目・追加)未接種分を公費で接種できます。
     

 

接種方法

  • 市内の指定医療機関で接種してください。(市外で接種を希望される方は健康増進課にご相談ください。)
  • 接種が終了していない方で、予診票がない方は、母子健康手帳を持って保健センターにお越しください。予診票を再発行します。

 

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。