転入届(海外→大府市)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011661  更新日 2019年12月12日

印刷大きな文字で印刷

 海外から大府市へ転入する場合の手続きです。日本に住み始めてから14日以内に転入届をしてください。
※郵送による転入の手続きは受付できません。

届出のできる方

  • 転入する本人
  • 同一世帯員(同一住所であっても別世帯の方は含みません。)

上記以外の方は、委任状と転入者の本人確認書類の添付が必要です。

届出に必要なもの

  • 届出人の本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証等)
  • 転入する方全員のパスポート
    ※顔認証ゲートを利用して帰国した方は、パスポートで入国日(帰国印)の確認ができませんので、航空券チケット、搭乗券の半券、eチケットなど入国日が確認できるものも併せてお持ちください。
  • 戸籍謄(抄)本と附票謄(抄)本
    ただし、出国直前の住所が大府市または本籍地が大府市の方は不要です。
  • その他
    マイナンバーカード(顔写真付)又は通知カード(顔写真無)(海外に転出される前にお持ちだったもの全員分)
    在留カード(お持ちの方全員分)
    特別永住者証明書(お持ちの方全員分)
    年金手帳(第1号被保険者のみ)
    外国人住民の方は、世帯主との続柄を証明する書類(出生証明書等とその日本語訳)をお持ちください。
    ※転入される方の状況によって必要なものが異なりますので、それぞれの担当課にお問い合わせください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民課
電話:0562-45-6218
ファクス:0562-44-3434
総務部 市民課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。