農政課の仕事

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013687  更新日 2020年4月7日

印刷大きな文字で印刷

一般行政職(一般事務)

大府市の職員になったきっかけ

大府市で育ったため地元に愛着があり、「自分の経験を大府市に還元したい。」「大府市の良いところを広く情報発信したい。」と以前から考えていたため、大府市の職員になりたいと思いました。

現在の仕事

一般行政職(一般事務)職員の仕事風景

大府市は、名古屋市など多くの人口を抱えた消費地に近く、消費者と直結した農業を展開できる可能性があります。現在、その地域特性を活かすために地産地消の推進に関する仕事をしています。

具体的には、野菜ソムリエという新たな目線から農業を考え、「育てる・楽しむ・食べる」の視点で野菜・果物の魅力を伝える活動や、市民農園の支援、小学校での農業に関する出前授業、児童に対して農業とふれあう機会の提供などをしています。

また、農地の貸し借りの権利設定や農業者に対する各種支援事業、畜産振興、有害鳥獣駆除に関する事務なども行っています。

 

印象に残っている仕事

私が入庁して二週間後に日本野菜ソムリエ協会と共催で野菜ソムリエ養成講座説明会・育成補助金説明会を行いました。まず、参加者の関心の高さに驚き、自分も次第に野菜・果物の魅力にのめり込んでいきました。関係者の方との連絡調整や資料・会場準備、当日のみかんの食べ比べの準備などに苦労しましたが、無事に説明会を終えることでき、達成感がありました。

 野菜ソムリエ育成補助金事業に携わり、その関心度の高さから、行政として市民の方が「今、何を求めているのか」ということに耳を傾け、それを考えるきっかけになりました。

 

地産地消を推進したい

一般行政職(一般事務)職員の仕事風景

現在、大型スーパーの進出により、生産者と消費者の距離が離れています。その距離を縮めていけるよう、様々な取組を通して地産地消を推進していきます。

メッセージ

私は大府の未来を楽しみにしています。大府市はこれからも多分野に渡り、大きく成長していきます。その大府の職員として、ともに大府を動かしていきませんか。

※職員の所属は、掲載時のものです。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 企画広報課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-47-7320
企画政策部 企画広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。