公債費・公債費比率・公債費負担比率

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003715  更新日 2021年10月4日

印刷大きな文字で印刷

公債費とは、市債(市の借金)を返済する元利償還金(元金と利子)と一時的な借入れをした場合の支払利息のことです。

公債費比率とは、市債の元利償還金等である公債費を標準財政規模で割ったものです。標準的な一般財源に対する公債費の割合を算出することにより、他団体との比較が可能で、客観的な市の公債費の状況がわかります。

公債費負担比率とは、公債費の中で特定の財源をもたない経費の一般財源総額に占める割合で、比率が高いほど自由度の高い一般財源を多く充てていることになり、財政構造の硬直性が高まっていることになります。

グラフ:公債費比率・公債費負担比率

公債費比率・公債費負担比率

平成23年度から平成27年度(単位:%)

年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

平成27年度

公債費比率

2.8

2.2

1.5

0.3

0.8

公債費負担比率

6.72

6.76

5.97

5.21

4.60

平成28年度から令和2年度(単位:%)

年度

平成28年度

平成29年度

平成30年度

 

令和元年度

令和2年度

公債費比率

0.3

0.9

1.0

0.9

1.1

公債費負担比率

4.28

4.46

4.00

3.78

3.24

公債費

平成23年度から平成27年度(単位:千円)

年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

平成27年度

公債費

1,321,239 1,309,331 1,254,735 1,112,943 1,017,719

元金

1,134,718 1,140,286 1,100,857 963,977 886,149

利子

186,521 169,045 153,878 148,966 131,570
平成28年度から令和2年度(単位:千円)

年度

平成28年度

平成29年度

平成30年度

令和元年度

令和2年度

公債費

980,862 1,016,841 969,550 906,772 868,559

元金

869,531 920,420 885,997 834,409 805,806

利子

111,331 96,421 83,553 72,363 62,753

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 法務財政課
電話:0562-45-6252
ファクス:0562-47-7320
企画政策部 法務財政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。