企業等の立地支援

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006014  更新日 2019年9月4日

印刷大きな文字で印刷

 健康・長寿関連の事業所等について、ウェルネスバレー地区への立地を支援しています。

 ウェルネスバレー地区の土地利用計画は、平成20年度に「ウェルネスバレー基本計画」において策定しました。主に、健康産業ゾーンへの健康長寿関連産業の集積を高めることで、多機能な一大拠点となることを目指します。

ウェルネスバレーの土地利用計画

ウェルネスバレーの土地利用計画


  • 医療福祉ゾーン 約10ヘクタール
    周辺の研究機関・施設との共同研究・実証事業が展開され、ゾーンの付加価値が高まる土地利用を目指します。
  • 健康交流ゾーン 約39ヘクタール
    民間企業等による事業展開を誘発し、優良農地の有効利用を目指します。
  • 健康産業ゾーン 約122ヘクタール
    健康長寿に関する先端技術産業、医療・介護用ロボットや福祉用具分野の健康長寿産業の関連企業等を中心とした企業立地を推進し、産業系土地利用を目指します。

ウェルネスバレー周辺の都市基盤整備計画

 ウェルネスバレー地区の土地利用、インフラを始めとする工業用地の整備については、地域の実情や企業等の立地ニーズ等を踏まえて検討します。

  • 都市計画道路 大府東浦線
  • 都市計画道路 養父森岡線
  • 武豊大府自転車道整備
  • 半月川河川改修

立地に向けたサポート体制

 立地に向けた各種優遇制度について、詳細は下記をご覧ください(大府市産業振興部商工労政課)。

大府市への立地にあたっての各種支援

関連コンテンツ

  • ウェルネスバレー地区への立地に関するご相談は下記のページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 健康都市推進局 ウェルネスバレー推進課
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
企画政策部 健康都市推進局 ウェルネスバレー推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。