中小企業振興アクションプランについて

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006529  更新日 2018年10月30日

印刷大きな文字で印刷

「大府市中小企業振興アクションプラン」を策定しました!!

 大府市は、昨年4月に施行した「大府市中小企業の振興でまちを元気にする条例」の目的を達成するために、市内中小企業振興の基本的方向と具体的施策を明らかにした「大府市中小企業振興アクションプラン」を策定しました。

 本プランをもとに各種振興事業を展開することで、健康都市おおぶとして中小企業が元気に事業を営める、活力と賑わいのあるまちづくりを目指します。

 策定にあたっては、有識者や中小企業者、金融機関等を交えた会議(中小企業振興策検討会)での意見交換や、中小企業実態調査を実施し中小企業の現状と課題を把握するなど、議論と調査を繰り返しました。

 本プランは平成28年度から5年間の実行計画として、毎年度事業評価をすることで事業の見直し、新たな支援の創設や充実を図っていきます。

内容・特徴

1.平成28年度から5年間の計画

 毎年度事業評価を行い、事業の見直しと新たな支援制度の創設を検討する。

2.「市内産業と中小企業の現状と課題」と「ロードマップ(行程表)」で構成

 条例の制定に合わせて、中小企業実態調査を実施したところ、経営上の課題として「販路開拓」と「人材の確保・育成」 を挙げる事業所が多かった。ロードマップでは今後5年間に実施していく取組を明記しているが、上記の2大課題の解決に向けた支援策に重点を置く内容としている。

3.条例の9つの基本方針ごとに市と大府商工会議所の取組を併記

 ロードマップには市と大府商工会議所の取組を併記することで、双方の棲み分けを明確化し、事業者に対してそれぞれの取組を把握しやすい形としている。

4.計画の進捗管理と検証の体制を整備

 本プランの進捗管理を行うために有識者や中小企業者、金融機関、商工会議所等で構成する協議の場を設置し、中小企業のニーズや社会情勢の変化を捉えながら、必要となる取組を継続的に検討し、必要に応じて本プランの見直しを行う。

大府市中小企業の振興でまちを元気にする条例の目的

 中小企業の振興に関する取組を推進し、もって地域社会の発展及び市民生活の向上に寄与する。

参考資料

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 商工労政課
電話:0562-45-6227
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 商工労政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。