境川流域総合治水

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002187  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

境川総合治水は、二級河川境川(愛知県管理河川)の流域10市2町(大府市、名古屋市、刈谷市、豊田市、安城市、東海市、知立市、豊明市、みよし市、日進市、東郷町、東浦町)により広域での治水対策を行っています。

高まる洪水の危険性

 田や畑などには、雨水を一時的に溜めたり、地面に浸透させたりする機能(保水・遊水機能といいます)があります。
最近では、田や畑が開発され、地表面がコンクリートやアスファルトなどで覆われるところが多くなりました。そのため保水・遊水機能が低下し、同じ雨が降ったとしても、短い時間で多くの雨水が川に流れ込むようになり、洪水の危険性が大きくなりました。

田畑による保水
従来
田畑による保水機能がありました。

都市化による洪水
現在
都市化により河川への流出が早くなりました。

洪水を防ぐためには

洪水を防ぐには、川幅を広げたり、川底を掘るなどして、より多くの雨水が流せるような河川工事をすることはもちろん必要です。
それに加えて、雨を溜めたり浸透させる施設をつくることにより、従来田や畑が担っていた保水・遊水機能を取り戻し、一度に川に入ってくる雨水の量を減らすこと(流出抑制といいます)で、洪水の被害を軽減することができます。このように、川の中だけでなく流域(集水域)内でも治水について考えることを、『総合治水対策』といいます。

公園貯留
降った雨を一時的に公園などに貯めて、下流の河川への負担を軽減します。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

水と緑の部 水緑公園課
電話:0562-45-6236
ファクス:0562-47-3347
水と緑の部 水緑公園課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。