犬の登録と狂犬病予防注射

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002087  更新日 2018年12月19日

印刷大きな文字で印刷

犬の登録と狂犬病予防注射、その他の届出についてのページです。

 狂犬病は神経が侵される病気で、犬だけでなく人など温血動物すべてに感染する非常に恐ろしい病気です。
 狂犬病予防法により、生涯に1回の登録と、生後91日以上の犬は、毎年1回の狂犬病予防注射を受けることが飼い主に義務づけられています。
 狂犬病予防注射は、市が行う集合注射会場またはかかりつけの動物病院で4月から6月の間に受けてください。

 動物病院で接種した場合は、獣医師の証明書を持って市役所の環境課で注射済票の交付を受けてください。
(登録鑑札・注射済票の交付を市から委託され、その場で手続きができる場合もありますので動物病院でお尋ねください。)

犬の登録

登録手数料

3,000円/1頭あたり(生涯1回のみ)

狂犬病予防注射済票の交付

注射済票交付手数料

550円/1頭1回あたり

※注射料金(集合注射の場合は2,850円)が別途必要です

登録申請書 兼 狂犬病予防注射済票交付整理票

その他各届け出について

 登録をした犬が次のようなことになった場合は、環境課までお届けください。(手数料等は不要です)

 なお、以下の届出については電子申請も可能です。下記から、お進みください。

登録事項変更届

 犬の飼い主が変わったり、飼っている場所が変わったりしたとき。

(市外から転入した場合でも、転入前の市町村での登録があれば手数料は必要ありません。市外へ転出される場合は、転出先の市町村で手続きをとってください。)

 転入手続きの際には、必ず転入前の市町村の登録鑑札をお持ちください。なお延長開庁時間である午後5時15分から午後7時15分までは(他市町村が開庁していない時間)、前登録市町村へ確認が取れないため、手続きができない場合もございます。

死亡届

犬が死亡したとき。

(知北斎場で火葬を申請する際にも死亡届を出すことができます。)

所在不明届

犬が行方不明になったとき。

(登録を抹消するには、この届がでて1年が経過していることが前提となります。)

海外渡航届

犬を海外へ渡航させることになったとき。

(帰国した場合は、ただちに連絡してください)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 環境課
電話:0562-45-6223
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 環境課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。