厚生文教委員会の調査研究結果の報告 平成28年5月11日

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006286  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

 厚生文教委員会は、平成27年6月から「健康づくりと運動・スポーツについて」を年間のテーマとし、市職員を講師とした勉強会、至学館大学の学長を講師とした研修会及び情報交換会、大府市スポーツ推進委員会及び大府市体育協会との情報交換会、市外自治体への視察調査等により調査を行ってきました。
 そして、調査研究結果を「大府市への提言」として取りまとめ、平成28年5月2日に報告書を議長に提出し、平成28年5月11日の第1回臨時会で報告しました。

報告書を議長に提出

左から、守屋孝副議長、深谷直史議長、窪地洋厚生文教委員長、久永和枝厚生文教副委員長

大府市への提言

今後、本市に求められること。

1 仕組みの改善

  • 市内のスポーツ推進に関わる団体間で情報の共有化と方向性を合わせる場を設定すること。
  • 市内に在住・在学・在勤しているトップアスリートの生の声を子どもたちに聞かせること。
  • 運動やスポーツ、遊びを通して、子どもたちが自ら進んで、体を動かせるようなきっかけをつくること。
  • 市民に対して、健康づくりのための運動やスポーツの取組を積極的にPRすること。

 

2 スポーツ施設の整備・充実

  • 老朽化したスポーツ施設や備品を計画的に改修・整備すること。
  • 健康増進に寄与する身近な施設整備を進めること。
  • 近隣市町の運動・スポーツ施設の整備状況を把握し、広域相互利用を推進すること。

 

厚生文教委員会報告書(平成28年5月)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 議事課
電話:0562-45-6251
ファクス:0562-47-5030
議会事務局 議事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。