厚生文教委員会の調査研究結果の報告 令和2年5月13日

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014208  更新日 2020年5月14日

印刷大きな文字で印刷

 厚生文教委員会は、令和元年6月から「児童生徒の教育環境整備について」を年間のテーマとし、教育委員会職員を講師とした勉強会、大府市国際交流協会との情報交換会、市外自治体への視察等により調査を行ってきました。
 そして、調査研究結果を取りまとめ、令和2年5月7日に報告書を議長に提出し、令和2年5月13日の第2回臨時会で報告しました。

報告書を議長に提出

左から、柴﨑智子副議長、山本正和議長、鷹羽琴美厚生文教委員長、小山昌子厚生文教副委員長

調査研究結果の概要

  1. 本市の現状
  2. 今後、本市に求められること
  3. 終わりに

厚生文教委員会報告書(令和2年5月)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 議事課
電話:0562-45-6251
ファクス:0562-47-5030
議会事務局 議事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。