厚生文教委員会の調査研究結果の報告 平成27年3月23日

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006287  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

 厚生文教委員会は、平成26年6月から「幼保児小中連携教育の推進について」を活動のテーマとし、市職員を講師とした勉強会、大府小学校教職員及びPTA役員並びに大府市青少年問題協議会健全育成部会推進委員会との意見交換会、市外自治体への視察調査等により調査を行ってきました。
 そして、調査研究結果を「大府市への提言」として取りまとめ、平成27年3月3日に報告書を議長に提出し、平成27年3月23日の第1回定例会最終日に報告しました。

報告書を議長に提出

     ※浅田茂彦委員長、三宅佳典副委員長から、鈴木隆議長に報告書を提出

大府市への提言

  1. 幼保児小中連携教育の指針「きらきら」のPRをもっと強化する必要がある。
  2. 「きらきらチャレンジカード」の見直しを検討する必要がある。
  3. 幼保児小中連携教育の推進のため、検討組織を立ち上げる必要がある。
  4. あいさつ運動を広める必要がある。
  5. 保護者や地域を「子育ち」に巻き込む仕掛けづくりが必要である。

厚生文教委員会報告書(平成27年3月23日)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 議事課
電話:0562-45-6251
ファクス:0562-47-5030
議会事務局 議事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。