令和2年度 健康づくりチャレンジカレンダーについて

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004821  更新日 2020年6月1日

印刷大きな文字で印刷

「健康づくりチャレンジカレンダー」をつかって健康づくりにチャレンジ!

健康づくりチャレンジカレンダーとは

健康づくりの目標を立て、その日にできた健康づくり、振り返り等を記入していただくカレンダーです。

書き込みながら取り組むことで、日々の習慣の見える化や意識付けができます。

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、手洗いやうがいが推奨され、それに加えて運動、栄養、休養によって免疫力高めることが感染予防に重要とされています。

令和2年度の健康づくりカレンダーのテーマは「運動」です。

カレンダーを活用して健康づくりにチャレンジしてみませんか。

実施期間

令和2年6月1日(月曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで

1~3カ月単位で、お好きな時期にチャレンジいただけます。

対象者

大府市内に在住、在勤、在学している方

チャレンジカレンダー配布場所

保健センター、市役所、公民館、児童(老人福祉)センター

カレンダー提出期限

令和2年7月1日(水曜日)から令和3年4月15日(木曜日)

参加賞

ポイント

この事業は、「おおぶ一生元気ポイント」対象事業です。

参加賞としてチャレンジ実施1カ月ごとに一生元気ポイントを3ポイント、

3カ月継続チャレンジ実施すると一生元気ポイント10ポイントを贈呈します。

おおぶ一生元気ポイントについては下記リンク先をご覧ください。

優秀賞

優秀者には表彰状と記念品を贈呈します。

 

平成30年度 優秀賞

平成30年度のテーマは“栄養”で、522名の方にご参加いただきました。審査の結果、優秀賞に選ばれた4名の方の取り組みをご紹介します。

 

ベストチャレンジ賞 上野 正博 様

「毎朝野菜サラダ(3種以上の野菜)を食べる」ことを目標にスタートし、野菜の種類を1種類ずつ増やして、段階的な目標設定を立てて取り組まれました。「朝食にサラダがないとさみしく感じる」といった変化を実感し、目標達成のために週末に野菜を切っておくといった工夫を取り入れています。

グッドチャレンジ賞 川村 龍亮 様

「毎食野菜を食べること」を目標に取り組み始める中で、自身の食習慣の課題に気付き、朝食習慣や野菜の選択方法の改善などに積極的に取り組まれました。チャレンジを通して朝食を摂る習慣が身に付いた他、野菜を食べるようになったことで、野菜の効能を調べるようになったそうです。

チャレンジ賞 清水 政宏 様

3カ月間「毎日納豆を食べる」という目標を立て、9割以上の達成率で取り組まれました。また、食事と合わせて運動の目標に取り組み、定期的に体組成(体重、BMI、体脂肪率、筋肉量等)を計測することで、客観的な値による振り返りを行い、実際に値が改善しています。

チャレンジ賞 齋藤 博史 様

「毎食野菜を食べること」を目標にスタートし、野菜を摂ることが難しいと気付いた時間帯はヨーグルトや野菜ジュースに置き換えるなど、自身の生活に合わせた工夫をして取り組まれました。チャレンジ後半ほど、サラダ・野菜・ヨーグルトの摂取頻度が増えています。

 

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康文化部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康文化部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。