住宅改修費の助成

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004890  更新日 2018年12月8日

印刷大きな文字で印刷

住宅改修費の助成の案内のページです。

 住宅改修をする高齢者、障がい者に、その費用の一部を助成します。

 なお、この制度は、介護保険による住宅改修費の支給とは別の制度です。この制度を利用するには、介護保険による居宅介護(予防)住宅改修費を全額利用していることが必要です(同時申請可能)。(要介護・要支援に該当しない障がい者を除く。)

 助成の条件などの詳細は下記の説明書などを参考にしてください。

大府市住宅改修助成事業の概要
 対象者
  1. 介護保険制度で要介護または要支援と認定された方
  2. 「1」に該当しない下肢、体幹、視覚障がいで1~3級の身体障害者手帳を所持している方
 助成限度額

上記「1」

  • 本人および同居の方の全員が市民税非課税者の場合:40万円
  • 本人または同居の方に市民税課税者がいる場合:10万円

上記「2」

  • 本人および同居の方の全員が市民税非課税者の場合:60万円
  • 本人または同居の方に市民税課税者がいる場合:30万円
 利用条件 要介護・要支援認定者は介護保険の住宅改修費(介護予防住宅改修費)(※)を全額利用していること。

(※)・・・知多北部広域連合ホームページ参照

 助成対象工事
  • 廊下や階段、浴室への手すりの設置
  • 段差解消のためのスロープの設置
  • 滑り止めのための床材料の変更
  • 和式から洋式への便器の取替 など

説明書など

様式

住宅改修に関する税制

 住宅のバリアフリー改修をし、一定の条件に当てはまる場合、所得税、固定資産税の減税の対象となる場合があります。

※これらの住宅改修に関する税制の解説は国土交通省ホームページを参照してください。

お問い合わせ先
所得税・・・半田税務署(電話0569-21-3141)
固定資産税・・・大府市役所税務課(電話0562-45-6260)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

福祉子ども部 高齢障がい支援課
電話:0562-45-6289
ファクス:0562-47-3150
福祉子ども部 高齢障がい支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。