遅らせないで!子どもの予防接種

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014722  更新日 2020年6月24日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス対策が気になる保護者の方へ

予防接種のタイミングは、感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められています。                            生後2カ月から予防接種を受け始めることは、お母さんからもらった免疫が減っていくときに、赤ちゃんがかかりやすい感染症(百日せき、細菌性髄膜炎など)から赤ちゃんを守るために、とても大切です。予防接種を遅らせると、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になる可能性が高まります。                                                                                                     予防接種は遅らせずに、予定通り受けましょう。

リーフレット

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課(保健センター内)
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。