県内初!バイオマスプラスチック製ごみ袋を導入しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014352  更新日 2020年7月27日

印刷大きな文字で印刷

県内初!バイオマスプラスチック製ゴミ袋を導入について案内するページです。

県内初!バイオマスプラスチック製ゴミ袋を導入しました

 大府市では、温室効果ガスの削減、石油資源の節約、市民の環境意識の向上を目指し、植物由来の素材を原料としたバイオマスプラスチック製ごみ袋を製作しました。バイオマスプラスチック製のごみ袋を製作するのは、愛知県の自治体では初の試みです。
製作したごみ袋は、アダプトプログラムなどのボランティア活動を行う団体などの清掃活動に提供します。


バイオマスプラスチック製ボランティア用ごみ袋の概要
素 材/ポリエチレン(サトウキビ由来のバイオマスプラスチックを25%配合)
容 量/20リットル
製作費/1枚あたり10・1円
製作枚数/6万枚
デザイン/市公式マスコットキャラクターおぶちゃんを取り入れ、バイオマスマーク(※1)とエコマーク(※2)の認定マークも表記しています。
その他/アダプトプログラムなどのボランティア活動用として登録団体などに提供します。

※1 生物由来の成分(バイオマス)を利用し、品質及び安全性が関連法規、基準、規格等に合致している環境商品に付与されるマークで、一般社団法人日本有機資源協会(JORA)が認定している。
※2 「生産」から「廃棄」にわたるライフサイクル全体を通して環境の負担が少なく、環境保全に役立つと認められた商品につけられるマークで、公益財団法人日本環境協会が認定している。

 

バイオマスプラスチック製のゴミ袋の画像

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 環境課
電話:0562-45-6223
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 環境課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。