建設消防委員会の調査研究結果の報告 平成28年5月11日

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006297  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

 建設消防委員会は、平成27年6月から「消防団について」を年間のテーマとし、市内消防団の代表者との情報交換会、市外自治体への視察調査等により調査を行ってきました。
 そして、調査研究結果を「大府市への提言」として取りまとめ、平成28年5月2日に報告書を議長に提出し、平成28年5月11日の第1回臨時会で報告しました。

報告書を議長に提出

左から、守屋孝副議長、深谷直史議長、三宅佳典建設消防委員長、柴﨑智子建設消防副委員長

大府市への提言の視点

今後、本市に求められること。

  1. 消防団の在り方について
  2. 地域との関わり方について
  3. 団員の確保について
  4. 消防団の活動について
  5. 認知度の向上(PR)について

建設消防委員会報告書(平成28年5月)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 議事課
電話:0562-45-6251
ファクス:0562-47-5030
議会事務局 議事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。