所得課税証明書の発行について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001711  更新日 2020年5月7日

印刷大きな文字で印刷

所得課税証明書とは

 所得課税証明書とは、前年の1月から12月までの所得(収入)や市・県民税の課税内容に関する証明書です。

 例えば、令和2年度所得課税証明書では、平成31年1月から令和元年12月までの所得(収入)とその所得(収入)に対し令和2年度に課税された市・県民税の課税内容が記載されています。

令和2年度所得課税証明書の発行について

 令和2年度所得課税証明書が発行できる日は、次のとおりです。

  1. 給与特徴(給与から市・県民税を天引き)のみの方
    令和2年5月14日(木曜日)から
  2. 上記以外の方
    令和2年6月1日(月曜日)から

注意事項

 所得課税証明書は、毎年度、市・県民税の賦課期日(1月1日)に住民票がある市町村が発行します。賦課期日以後に大府市に転入された方は、賦課期日に住民票がある市町村に証明書の発行を請求してください。

 また、賦課期日に大府市に住民票がある場合でも、実際のお住まいが他市町村で、かつ、当該市町村が市・県民税を課税している場合は、実際にお住まいの市町村に証明書の発行を請求してください。

 

郵送による証明書の申請方法について

下記のページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 税務課
市民税係 電話:0562-45-6217 資産税係 電話:0562-45-6260
ファクス:0562-47-3150
総務部 税務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。