一戸一灯運動(いっこいっとううんどう)について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001980  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

一戸一灯運動にご協力ください

玄関灯を朝まで点灯。


上記のような玄関灯を朝まで点灯しましょうという運動です。

一戸一灯(いっこいっとう)運動とは?

 「各家庭の門灯や玄関灯を朝まで点灯しましょう」という運動で、だれもがすぐに始められる防犯ボランティアです。

どうして朝まで点灯するのですか?

 「痴漢」、「ひったくり」、「忍び込み」のなどの犯罪はとくに暗いところや深夜に起こりがちです。
 これらの犯罪者は人に見られることを最も嫌い、明るいところを避ける傾向があります。だから夜間のまちを明るくする必要があるのです。

防犯灯をもっとたくさん設置すればいいんじゃないですか?

 市役所では防犯灯の設置を積極的にすすめています。でも、今すぐの増設はなかなかできません。それより、自分たちのまちは自分たちで守る努力も必要です。
 みんなで力を合わせて、今すぐできる一戸一灯運動を始めてみませんか?

でも電気代がかかるのではないですか?

 玄関灯1個を1日10時間、1カ月(30日)点灯したときの料金は以下のとおりです。

電気代(参考指標)
照明器具 使用電力 料金
蛍光灯20W 6kWh 120円

 一戸一灯運動の輪が広がれば、市内全体が明るくなります。
 安全で安心なまちづくりのために、皆様のご理解とご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 危機管理課
電話:0562-45-6320
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。