大府市の平和事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009075 

印刷大きな文字で印刷

平和への取り組み

平和都市宣言石碑
市役所の市民健康ひろばにて

大府市は平成28年9月27日、日本国憲法の公布から70年目の記念すべき年にあたり、「平和」の尊さ、重要性について、改めて市民とともに考える重要な機会とするため、「平和都市」を宣言しました。

平成29年9月1日には、平和都市宣言にあわせ、石碑の設置と被爆2世樹木「アオギリ」の植樹を行いました。

戦争・平和に関する資料

大府市に現存する戦争に関する資料や物品を、写真やデータでご紹介します。

『平和大使』活動

平成30年度平和大使の活動の様子
平成30年度『平和大使』広島派遣

戦後から70年以上が経ち、当時の悲惨な状況を、身をもって経験された方々が少なくなっている一方、戦争を知らない世代は年々増えています。

大府市では、戦争の悲惨さや平和の尊さを次世代へつないでいくため、平成30年度から『平和大使』派遣事業を開始しました。

平成30年度は、市内の中学2年生8名を広島へ派遣しました。

平成31年度は、市内の中学2年生8名を長崎へ派遣します。

平和事業のご案内

平成31年度の平和事業が開催決定次第、随時更新していきます。

このページに関するお問い合わせ

福祉子ども部 地域福祉課
電話:0562-45-6228
ファクス:0562-47-3150
福祉子ども部 地域福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。