歴史民俗資料館 沿革・事業内容

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005183  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

沿革

 大府市歴史民俗資料館は、昭和55年(1980)に市制施行10周年記念事業の一環として、大倉公園内に建設された複合施設「大倉会館」の一施設として、同年11月1日に開館しました。

 昭和57年から平成3年までの間「大府市誌」の編さんを実施しました。

事業内容

 郷土の歴史的・民俗的資料を調査・収集し、これらの公開・展示を行っています。

 文化財保護及び埋蔵文化財の発掘調査を行っています。

調査研究事業

  • 大府市に関する歴史的・民俗的資料、考古資料等の調査及び収集

展示事業

常設展示

  • 復元家屋
  • 明治~昭和期の農耕具・生活用具等
  • 大府市域の歴史
  • 市内遺跡出土品

企画展示

  • 特別展(年1回)
  • 企画展(年数回)

教育普及事業

  • 体験教室、講座、講演会、その他のイベント等の開催
  • 小学生の資料館見学受け入れ
  • 大府市文化財マップの作成及び配付

文化財保護事業

  • 文化財の保存修理・伝承補助
  • 文化財総合防火訓練

埋蔵文化財事業

  • 埋蔵文化財発掘調査
  • 「大府市遺跡等分布図」の更新

このページに関するお問い合わせ

歴史民俗資料館
電話:0562-48-1809
ファクス:0562-44-0033
歴史民俗資料館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。