水道管の凍結・破裂にご注意ください

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002209  更新日 2018年11月5日

印刷大きな文字で印刷

水道管の凍結・破裂にご注意ください

寒い日が続いたり気温が-4℃以下になると、水道管や蛇口が凍結して水が出なくなったり、水道管が破裂したりします。宅地内での水道管の修理費用は個人負担となりますので、水道管にも冬支度をして寒さから守りましょう。

凍結しやすいところ

  • 水道管が露出しているところ
  • 水道管が北向きの日陰にあるところ
  • 風当たりの強いところ
  • 家の外にある蛇口

凍結を防止するには

  • 露出している水道管や蛇口に、市販の保温材を巻く
  • 手近なものとして布や毛布などを利用し、濡れないようにビニールを被せて巻く

イラスト:凍結を防止するために水道管に保温材や布を巻く


  • 水道メータボックス内に布や新聞紙を詰め、上に段ボールを被せ、更に木の板などで蓋をする
  • 蛇口を少しあけて水をチョロチョロと出しておく(洗濯などにご使用ください)

凍結してしまったら

蛇口をあけ、凍結しているところにタオルを被せ、ぬるま湯をかけゆっくりと溶かしていく

※ 熱湯をかけると、蛇口や水道管が破損するおそれがあります

イラスト:水道管が凍結してしまったら、タオルを被せ、ぬるま湯をかける

凍結により水道管が破裂してしまったら

水道メータボックス内、若しくは水道メータボックス付近にある元栓(止水栓)を閉めて水を止め、大府市指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください

※ 宅地内での水道管の破損事故の修理費は個人負担となります
※ 止水栓の場所が分からない場合には、破裂した部分にタオルやビニールテープなどで応急処置をしてから修理を依頼してください

このページに関するお問い合わせ

水道部 水道課
業務係 電話:0562-45-6238 工務係・給水係 電話:0562-45-6319
ファクス:0562-45-5185
水道部 水道課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。