65歳以上で障がいのある方の利用者負担軽減制度(新高額障害福祉サービス等給付費)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010833  更新日 2019年7月1日

印刷大きな文字で印刷

現在65歳以上で、65歳になるまでに5年以上、特定の障害福祉サービスの支給決定を受けていた方で以下の要件を満たす場合、申請により平成30年4月以降の障害福祉相当介護保険サービスの利用者負担額が償還されます。

対象者

1~5の全てを満たす方

  1. 65歳に達する日の前に5年間にわたり介護保険相当障害福祉サービス(居宅介護、重度訪問介護、生活介護、短期入所)に係る支給決定を受けていた方
  2.  本人が65歳に達する日の前日の属する年度(4月~6月の場合は前年度)において、本人およびその配偶者が市町村民税非課税者、または生活保護受給者であった方
  3. 65歳に達する日の前日において、障害支援区分(障害程度区分)が区分2以上であった方
  4. 65歳に達するまでに介護保険法による保険給付を受けていない方
  5. 障害福祉相当介護保険サービス(訪問介護、通所介護、短期入所生活介護、地域密着型通所介護、小規模多機能型居宅介護)を利用している方

 

対象となる利用者負担額

介護保険サービスのうち、以下の介護保険サービスの平成30年4月以降の利用者負担額

  • 訪問介護
  • 通所介護
  • 短期入所生活介護
  • 地域密着型通所介護
  • 小規模多機能型居宅介護

※高額介護サービス費および高額医療合算介護サービス費の対象となる場合は、支給後の利用者負担額が対象となります。そのため、新高額障害福祉サービス等給付費の支払いは、高額介護サービス費および高額医療合算介護サービス費の決定後となります。
 

申請方法

1~7を持参の上、大府市役所高齢障がい支援課に申請してください。

  1. 申請書(窓口にあります)
  2. 印鑑(朱肉を使用するもの)
  3. 本人の確認ができるもの(障がい者手帳、運転免許証など)
  4. 個人番号が確認できるもの
  5. 介護保険の被保険者証
  6. 介護保険サービス利用者負担額の領収書
  7. 本人名義の預金通帳(口座番号が確認できるもの)
     

このページに関するお問い合わせ

福祉子ども部 高齢障がい支援課
電話:0562-45-6289
ファクス:0562-47-3150
福祉子ども部 高齢障がい支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。