自転車損害賠償責任保険の加入義務化及び自転車乗車中のヘルメット着用努力義務化について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001988  更新日 2021年10月1日

印刷大きな文字で印刷

「大府市交通安全条例」を改正しました

 大府市交通安全条例の改正により、令和3年4月1日から自転車を運転する者の責務と自転車の安全利用の充実を図ります。

自転車の事故防止等の推進

  • 自転車を運転する者は、自転車が原因となる交通事故の防止に努めるとともに、歩行者及び他の車両の安全に配慮するよう努めましょう。
  • 自転車を運転する者は、万一の事故の備えとして、自転車の利用に係る交通事故の損害を補填する保険又は共済への加入しなければなりません。(令和3年10月1日から)
  • 自転車を利用する者は、乗車用ヘルメットの着用に努めましょう。

愛知県条例の改正について

愛知県条例の改正内容については以下のリンク先を御確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 危機管理課
電話:0562-45-6320
ファクス:0562-47-7320
市民協働部 危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。