おおぶ・あったか認知症カフェ登録事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004906  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

認知症カフェの登録事業のご案内です。

認知症カフェって?

 認知症カフェとは、認知症の人やそのご家族をはじめ、認知症の人に関わる専門職や、地域住民の誰もが気軽に集い、参加することができる居場所のことです。

 大府市では、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指して、認知症の人やそのご家族を支援する様々な取組を進めています。その一環として、認知症カフェの設置を推進するために、所定の要件を満たす認知症カフェを「おおぶ・あったか認知症カフェ」として登録する事業を実施しています。登録された認知症カフェには、市から様々な運営支援を行います。

※現在、市内で開催されている認知症カフェについては、「おおぶ・あったか認知症カフェ」のご紹介ページをご参照ください。

おおぶ・あったか認知症カフェ登録事業の概要

登録要件

以下のいずれにも該当する認知症カフェ

  • 参加者同士の相互交流や情報交換、認知症の人を介護する家族の負担軽減、認知症の悪化予防、地域での認知症の啓発等の活動を主たる開催目的とし、参加する対象者を限定しないもの
  • 地域住民団体、ボランティア団体、NPO法人、社会福祉法人、医療法人、介護事業所、福祉施設、医療機関等の団体が開設・運営するもの
  • 市内において継続的に開催するもの
  • 認知症カフェの開催中、認知症についての知識を有する者が1名以上常駐するもの

 

支援内容

登録された「おおぶ・あったか認知症カフェ」に対して、市から以下のような運営支援を行います。

  • 認知症カフェの開催情報等の広報活動に対する協力
  • 認知症に関する啓発資料等の提供
  • 認知症カフェの運営や企画内容に対する助言・協力

 

登録方法

 所定の登録申請書に、認知症カフェの活動内容の分る資料(チラシ・パンフレット等)を添えて、高齢障がい支援課高齢係へ申請。

おおぶ・あったか認知症カフェの登録申請書等

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

福祉子ども部 高齢障がい支援課
電話:0562-45-6289
ファクス:0562-47-3150
福祉子ども部 高齢障がい支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。