全国瞬時警報システム(J-ALERT)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001921  更新日 2018年10月22日

印刷大きな文字で印刷

全国瞬時警報システムについて

全国瞬時警報システム(J-ALERT)の導入

大府市では、平成23年4月1日より運用を開始しました。

全国瞬時警報システム(J-ALERT)とは

大規模な自然災害など対処に時間的余裕のない事態が発生した場合に、国が発表する緊急情報を、衛星通信ネットワークを用いて受信した後、市の防災行政無線を自動的に起動し、サイレンと音声により放送するシステムです。

伝達される情報

伝達される情報は、各自治体によって異なります。なお、大府市については次のとおりです。

緊急地震速報(気象庁発表)

  • 緊急地震速報

地震津波情報(気象庁発表)

  • 東海地震の予知情報
  • 東海地震の注意情報

国民保護関係情報(内閣官房発表)

  • 武力攻撃事態における警報
  • 弾道ミサイル攻撃に係る警報
  • 緊急対処事態における警報

注意すべき事項

  • 伝達された情報が誤報だった場合には、キャンセル放送のかかる場合があります。
  • 運用方法の変更があった場合には、随時、お知らせいたします。

 

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 危機管理課
電話:0562-45-6320
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。