事業所の帰宅困難者対策マニュアル

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001918  更新日 2018年10月23日

印刷大きな文字で印刷

いつ起こるかわからない自然災害に備え、マニュアルを参考に各事業所ごとに帰宅困難者対策を進めていただきたいと思います。

帰宅困難者とは?

 勤務先や外出先等において地震などの大規模災害に遭遇し、自宅への帰還が困難になった者をさす。

帰宅困難者対策

 地震や豪雨などの自然災害は、いつ起こるかわからず、JR等公共交通機関がいつ運行停止となり、帰宅困難者が発生するかわかりません。
 また、帰宅困難者は自社の従業員だけとは限りません。
 各事業所は、事前に受入可能な帰宅困難者を見積り、もしもの時に慌てることなく、帰宅困難者を施設に誘導し、必要な情報・備蓄品・備蓄食糧等を提供することが、地域や従業員との信頼関係を生み、一日でも早い事業再開につながります。
 大府市では、被災者支援協定を結んでいる事業所、愛知工業大学地域防災研究センター、大府商工会議所の協力を得て、「事業所の帰宅困難者受入マニュアル作成例」を作成しました。
 いつ起こるかわからない自然災害に備え、マニュアルを参考に各事業所ごとに帰宅困難者対策を進めていただきたいと思います。

事業所の帰宅困難者受入マニュアル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 危機管理課
電話:0562-45-6320
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。