ひきこもりやニート、不登校などに関する相談窓口について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006214  更新日 2019年2月22日

印刷大きな文字で印刷

ひとりで悩んでいませんか?

大府市子ども・若者支援相談窓口では、専門の相談員(臨床心理士か精神保健福祉士)が「外に出ることが不安…」「人と話すことが苦手…」「学校に行けない…」「子どもの将来のことが不安…」「子どもが家にひきこもっている…」といった子ども・若者が抱える悩みや課題を一緒に考えます。

ひとりで悩まないで、まずは相談してみましょう!

大府市子ども・若者支援相談窓口概要

日時第1・3金曜日第2・4火曜日 (年末年始、祝日は除きます)

  1. 午後1時30分から午後2時20分まで
  2. 午後2時30分から午後3時20分まで
  3. 午後3時30分から午後4時20分まで 1人50分間

場所/大府市ふれ愛サポートセンター(スピカ)【アクセス】(大府市江端町六丁目13番地の1)

対象/ひきこもりやニート、不登校など、社会生活を円滑に送る上で悩みや課題を抱える30歳代までの子ども・若者やその家族の方など(基本的には大府市内在住の方が対象です)

予約方法/大府市社会福祉協議会(電話0562-48-1805)へ電話で予約してください。【事前予約制】

相談員/臨床心理士、精神保健福祉士(日によって変わります)

料金/無料

その他の関連情報

  相談先 内容
就職について 若者職業自立支援出張相談 「仕事に就きたいけど、どうしたらよいか、分からない」など就職に対して悩みを抱えている方やを対象にキャリアカウンセラーがあなたの「働きたい!」をサポートします。
就職について 大府市就業支援センター「ワークプラザおおぶ) ハローワークの求人検索機4台と職業相談員による職業紹介や職業相談と、市の生活支援サービスの窓口案内や情報提供を行っています。
学校について 教育問題相談支援窓口 いじめ、不登校、その他の教育問題に悩む皆様に対する電話による相談 支援窓口をご紹介します。
学校について 学校悩み相談 学校がつまらない、友だちとうまくいかない、悩みがあるけど誰にも相談できないなどの学校生活に関する悩み相談について。
心について メンタルヘルス相談 体調の異変は、「ストレスがたまっているよ」という、疲れたこころからの警告。早い段階で異常に気づき、早めに対応し、適切な治療を受ければ、軽症のうちに回復することができます。できるだけ早めに治療や相談をすることが大切です。
ひきこもりについて 愛知県精神保健福祉センター 愛知県のひきこもり専門相談です。電話、面接相談で対応します。

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 青少年女性課
電話:0562-45-6219
ファクス:0562-47-7320
市民協働部 青少年女性課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。