多胎妊娠に伴う妊婦健康診査費⽤を助成します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017644  更新日 2021年4月1日

印刷大きな文字で印刷

令和3年4月1日発表のプレスリリースです。

 大府市では、令和3年4月より多胎児を妊娠された方に、単胎妊娠の標準とされている14 回分の妊婦健診に5 回分を追加した計19 回の妊婦健診の費用を助成します。単胎妊娠に比べて妊娠期間中の健康管理が重要になることか、頻回な受診が推奨されているため、費用の助成により経済的負担の軽減を図ります。

助成の概要

事業開始日

令和3年4月1日(木曜日)

対象者
大府市内に住所を有し、令和3年4月1日以降に母子健康手帳を交付される方
対象となる妊婦健診の内容
基本健診(一般診察、尿検査(蛋白及び糖)及び血圧測定)
追加される受診券

5回分(利用時期は医師の判断とする)

※別冊として多胎妊婦健康診査受診票綴をお渡しします。

使用方法
通常の受診票と同様に、受診票と母子健康手帳を持って、愛知県内の医療機関
及び助産所で受診する。県外で受診される場合は、いったん実費を支払ったの
ち、償還手続を行う。

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。