「ふるさと納税返礼品提供事業者向け勉強会」の開催および商品開発を支援する「ふるさと納税特産品開発補助金」を創設。市内事業者の新たな販路開拓を支援します!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018642  更新日 2021年6月16日

印刷大きな文字で印刷

令和3年6月16日発表のプレスリリースです。

 地方自治体の中から応援したい自治体を選んで寄付をするふるさと納税は、寄付のお礼として、地域のお米やお肉、工芸品などの地方産品を受け取れるという制度です。大府市は、ふるさと納税の返礼品登録を新たな販路開拓の一つとして活用してもらうため、ふるさと納税の仕組みや返礼品として登録出品するメリットを説明する「ふるさと納税返礼品提供事業者向け勉強会」を開催するとともに、返礼品の開発支援として、新商品の開発に係る経費の一部を補助する「ふるさと納税特産品開発補助金」を新たに創設します。

 

ふるさと納税返礼品提供事業者向け勉強会の概要

 ふるさと納税に出品する意義やメリット、基本的な流れを学ぶ基礎編と、ウェブサイトにおける返礼品掲載のテクニックなどを学ぶ発展編の全2回で勉強会を開催します。今回の勉強会では、新たに返礼品提供を考えている事業者、既に返礼品の提供をしている事業者など、幅広く参加者を募集します。

1回目【基礎編】ふるさと納税の仕組みと参加する理由

日時

令和3年7月19日(月曜) 午後2時~午後3時30分

場所
大府市役所2階202・203会議室
講師
WAGAMACHI 代表 坂本直敏さん(さかもと なおとし)

2回目【発展編】ふるさと納税で寄付者に選んでもらうには?

日時
令和3年8月3日(火曜) 午後2時~午後3時30分
場所
大府商工会議所3階大ホール
講師
株式会社JTB ふるさと開発事業部 辻拓真さん(つじ たくま)
楽天グループ株式会社 ふるさと納税事業部 山田穂高さん(やまだ ほだか)
 

ふるさと納税特産品開発補助金の概要

 令和3年6月から、大府市のふるさと納税返礼品の開発にかかる費用の一部を補助します。

対象
ふるさと納税特産品を提供する事業者または、その見込みのある者
補助対象事業
(1)ふるさと納税特産品の開発(既存商品の改良を含む)を行う事業
(2)ふるさと納税特産品を提供するための資材等の製作事業
(3)ふるさと納税特産品の情報発信強化および普及促進に係る事業
補助対象経費
(1)委員、講師、調査研究員などの外部専門家に対する謝金・旅費
(2)印刷製本費、通信運搬費、集計・分析費、調査・開発研究費、
広告宣伝費、翻訳費、原稿料、消耗品費、機器等借上料、出展料
(3)調査研究、開発研究などの委託費
補助額
上限20万円(補助対象経費総額の2分の1以内)
申請期間
令和3年6月16日~令和6年3月31日 ※予算額に到達次第終了

 プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 商工労政課
電話:0562-45-6227
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 商工労政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。