大府市とトヨタ系車両販売会社等11社が「災害時の避難所等における外部給電可能な車両からの電力供給の協力に関する協定」を締結

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018549  更新日 2021年6月7日

印刷大きな文字で印刷

令和3年6月7日発表のプレスリリースです。

 大府市は、大規模災害発生時の停電対策としてEVやPHVなどの電動車両を活用した電源供給ができるよう、市内に販売店を持つトヨタ系車両販売会社など11社と「災害時の避難所等における外部給電可能な車両からの電力供給の協力に関する協定」を締結します。
 協定を結ぶ11社とは、災害時の大規模停電に対応した電源供給を目的とし、外部給電可能な車両の貸与、販売店舗などにおける近隣住民への給電協力などについて協議を進め、今回の協定締結の運びとなりました。

災害時協定締結式の概要

日時
令和3年6月21日(月曜) 午後2時00分~
場所
大府市役所地下1階多目的ホール(大府市中央町5-70)
出席者および協定締結企業
愛知トヨタ自動車株式会社代表取締役社長 赤尾嘉彦(アカオ ヨシヒコ)
名古屋トヨペット株式会社代表取締役社長 小栗一朗(オグリ カズオ)
トヨタカローラ中京株式会社代表取締役専務 中島秀昌(ナカジマ ヒデマサ)
トヨタカローラ愛知株式会社代表取締役社長 野崎孝(ノザキ タカシ)
トヨタカローラ名古屋株式会社代表取締役社長 後藤善和(ゴトウ ヨシカズ)
トヨタカローラ愛豊株式会社代表取締役社長 寺町一憲(テラマチ カズノリ)
ネッツトヨタ愛知株式会社代表取締役社長 平光順二(ヒラミツ ジュンジ)
ネッツトヨタ東海株式会社代表取締役社長 大森治(オオモリ オサム)
株式会社トヨタレンタリース愛知代表取締役社長 加納幹夫(カノウ ミキオ)
株式会社トヨタレンタリース名古屋代表取締役専務 田中正治(タナカ マサハル)
トヨタモビリティパーツ株式会社愛知支社支社長 石川量章(イシカワ トモアキ)
大府市長 岡村秀人

協定の主な内容

  • 避難所などの電源確保のため、必要に応じて、市は愛知トヨタ自動車株式会社はじめ11社に対し、EVやPHVなどの外部給電可能な車両などの貸与について要請し、企業は車両の貸し出しを実施する。
  • 災害により停電が発生したときは、市の要請がない場合であっても、協定企業の販売店店舗などにおいて、携帯電話の充電など、近隣住民への給電協力に努めるものとする。

 プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 危機管理課
電話:0562-45-6320
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。