西日本三菱自動車販売株式会社、三菱自動車サテライトショップ大府(イワキ自動車株式会社)、三菱自動車工業株式会社と「災害時における電動車両等の支援に関する協定」を締結

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018006  更新日 2021年4月30日

印刷大きな文字で印刷

令和3年4月30日発表のプレスリリースです。

 大府市は、大規模災害発生時の停電対策としてEVやPHEVなどの電動車両を活用した電源供給できるよう、西日本三菱自動車販売株式会社、三菱自動車サテライトショップ大府(イワキ自動車株式会社)、三菱自動車工業株式会社と「災害時における電動車両等の支援に関する協定」を締結します。
 協定を結ぶ3社とは、災害時の大規模停電に対応した電源供給を目的とし、電動車両などの貸与について協議を進め、今回の協定締結の運びとなりました。

災害時協定締結式

日時
令和3年5月14日(金曜) 午前10時30分~
場所
大府市役所3階庁議室(大府市中央町5-70)
出席者
三菱自動車工業株式会社国内地区統括部 担当部長 池部洋二(イケベ ヨウジ)
西日本三菱自動車販売株式会社中部営業 本部本部長 青山義唯(アオヤマ ヨシタダ)
イワキ自動車株式会社 代表取締役社長 岩城泰宏(イワキ ヤスヒロ)
大府市長 岡村秀人
その他
式典終了後、市民健康広場で災害発生時などに非常用電源として活用できるアウトランダーPHEVを用いた給電体験会を実施します。

協定の主な内容

  • 災害時に、必要に応じて市から西日本三菱自動車販売株式会社、三菱自動車サテライトショップ大府(イワキ自動車株式会社)、三菱自動車工業株式会社に対し、EVやPHEVなどの電動車両の貸与について要請する。
  • 西日本三菱自動車販売株式会社、三菱自動車工業株式会社は、要請を受け、災害時に三菱自動車サテライトショップ大府(イワキ自動車株式会社)や近隣の三菱自動車のディーラーから試乗車の貸し出しを行う。
  • 貸与期間中の車両に係る費用(電気代、燃料代、その他消耗品など)は市が負担する。

 プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 危機管理課
電話:0562-45-6320
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。