手術室の医療用自動掃除機【医療関係】R1-1-14

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013425  更新日 2021年1月6日

印刷大きな文字で印刷

手術毎にナースが手術室床を清掃しており、床の汚染物を判断し、正しい安全な清掃方法によって自動清掃してくれる掃除機の開発

soujiki

手術毎に、ナースが血液溶解剤を散布して血液汚染を、市販洗剤で手術室の床全体を清掃し、医療廃棄物の後処理も行っており、ナースの清掃に係る時間短縮と時間の有効活用を図りたい。そのため、家庭用自動掃除機のように自動で動き、手術室を正しい安全な清掃方法で清掃する掃除機を開発してほしい。掃除機には除汚染の種類を判断する機能を付け、血液汚染なら次亜塩素酸系洗剤、他は市販洗剤を噴霧して清掃し、また、床にとんだ液体は固まって容易に破棄でき、床の色分けによりロボットが清掃スペースを判断して動いてほしい。
 

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。