パーツ交換自由バギー(シルバーカー)【福祉関係】R2-6-10

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016583  更新日 2021年1月6日

印刷大きな文字で印刷

ハンドルや椅子、荷物入れなどを利用者に合わせて変えられるバギー(シルバーカー)の開発

baggy2

バギーを利用している高齢者にとって、自分の姿勢や体力に合ったバギーを使用していないことが原因で転倒などのリスクが発生する。持ち手の高さ調整に加えて、ハンドルグリップの形状・長さ、重さ感(押す時の負荷)、用途に応じて荷物入れや座椅子などのパーツが自由に交換できるバギーと交換パーツを開発してほしい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。