一人で安心歩ける君!【福祉関係】R2-6-16

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016587  更新日 2021年1月6日

印刷大きな文字で印刷

屋内にて利用者を目的地まで誘導してくれる機械、歩行器の開発

arukerukun

介護現場の人手不足から入居者の方は歩行介助を気遣い遠慮され、トイレを我慢したり、一人で無理をして怪我をする危険もある。対応できなかった職員のモチベーションの低下も懸念される。歩行器に行先をセットすると入居者の歩行スピードで、トイレ、食堂、玄関等施設内の一定の場所に、例えば、床のマークを読み取り、安全に誘導する歩行器、車椅子を開発してほしい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。