トイレへの移乗楽に【福祉関係】R2-6-1

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016522  更新日 2021年1月6日

印刷大きな文字で印刷

車椅子利用者の方を便座へ移乗させやすいトイレや車椅子の開発

toilet

一日に5回から10回程度ある排泄のたびに、車椅子の利用者を抱え起こして便座へ移乗させるのは介護者の負担となっている。トイレ設備や、車椅子の構造、あるいはその両方に工夫がされ、もしくは後付けすることにより、介護者の負担が軽減できる製品を開発してほしい。車椅子から便座へスライディング可能な構造、車椅子と便座の高さ調節機能などが必要とされる。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。